テーマ:バレエ

1909年5月18日のパリ ~ バレエ・リュス シャトレ座公演 ~

 ちょうど100年前の1909(明治42)年5月、パリ・シャトレ座での出来事はバレエ界のみならずその後の芸術運動にとって大きな影響を与えた。ディアギレフひきいるバレエ・リュス(ロシアバレエ団)の『ロシア・シーズン』と題した催しは、衰退していた欧州バレエの復興のきっかけともなった。革新的に進歩したバレエ・リュスのエキゾティシズムと野生美あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザッツ・ダンシング

 最初にダンスに興味を持ったのはミュージカルだった。ミュージカルといえばタップだ。ジーン・ケリーやフレッド・アステアに衝撃を受けたわけである。それまでピッチリとしたオールバックに蝶ネクタイの日本人タップダンサーしか見たことがなかったのでやたらとカッコよく見えた。その後学生の頃に古いジャズフィルムの上映会を見る機会があった。20年以上前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニジンスキー 神の道化

 およそ120年前の1889年、パリではフランス革命100周年を迎えエッフェル塔が竣工したこの年のちょうど今ごろ(3月12日)、ニジンスキーはキエフに生まれた。踊るために生まれてきたこの天才児は決して容姿に恵まれていたわけではない。帝室舞踏学校時代はロシア人としては異質な容貌で東洋系に見えたことから「日本人」とあだ名され、プロポーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more