三人娘は和製ジャズボーカルの金字塔だ ーその3 雪村いずみー

 日本では外国のポップスを総称して「ジャズ」と呼んでいた時代があった。そういった和製ジャズの黎明期から1960年代前半までのジャズボーカルを知ることができるすばらしいCDがある。ビクターから出ている『シング・シング・シング 昭和のジャズ・ソング名唱選 1928~1962』がそれだ、1枚目が戦前、2枚目が戦後という2枚組のものだが、通して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三人娘は和製ジャズボーカルの金字塔だ ーその2 美空ひばりー

 良質な音楽番組がなくなって久しいが、30分枠の深夜番組タモリの『今夜は最高』は内容があるわりに肩の力の抜けた良い番組だった。もう30年近く前になるかもしれないが、美空ひばりが出演した時の印象は強烈だった。日本歌謡界の女王として君臨していた美空ひばりだが、演歌歌手としてしか知らない人たちに「ラバー・カンバック・トゥ・ミー」(だったと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三人娘は和製ジャズボーカルの金字塔だ ーその1 江利チエミー

 ひそかなブームなのか、はたまたレコード会社が奇特なのか昔の日本のジャズがCD化されている。これがことごとくよかったりするのだが、和製ジャズボーカルの金字塔ともいえる三人娘のCDも素晴らしい出来だ。まずは江利チエミから。  リアルタイムで聴いていたのは親の世代で、江利チエミの印象は民謡やこぶしの効いたテネシーワルツだったわけだが、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D-LUX3 作例2

 実はDP-1を待っていたのだが、しびれをきらしてD-LUX3にした。ネット上にも作例が出てきているがさすがにDP-1の写りはいい。コンパクトデジカメがなせる技ではない。悔しいので色合いはD-LUX3のほうが好みには合う…ということにしておこう。作例2は自然光だがなかなか気持ちのいい描写をしている。あまり作らない自然な色合いという感じか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

D-LUX3 作例1

 デジタルカメラを購入するにあたり気にしたのは、アスペエクト比が3:2であること、あるいは容易に切り替えられること。これがいちばん大きい。次いで画質、デザインとなる。いやデザインのほうが先か。いつも持ち歩きたくなるものでないと意味がない。画質の好みは人それぞれだろうが、D-LUX3は気のせいかなんとなくフィルムに近いような気がした。ノイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジプシージャズ

 最近はマヌーシュ・ジャズとかマヌーシュ・スウィングと言うが、ちょっと前まではジプシージャズといっていた。ジプシーという言葉には差別や偏見が見えてくるから次第に変わってきたのだろう。しかしどうもピンとこない。一般的にそうであることは理解しても個人的にはこの言葉に悪いイメージがなく、どちらかといえば憧れに近いものがある。ジプシーに対するイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザッツ・ダンシング

 最初にダンスに興味を持ったのはミュージカルだった。ミュージカルといえばタップだ。ジーン・ケリーやフレッド・アステアに衝撃を受けたわけである。それまでピッチリとしたオールバックに蝶ネクタイの日本人タップダンサーしか見たことがなかったのでやたらとカッコよく見えた。その後学生の頃に古いジャズフィルムの上映会を見る機会があった。20年以上前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラについて

 最新のデジタル機器も好きだけど古いものも好き、というわけで古いライカも普段使いだ。50年前や70年前のものを使っている。フィルムを入れるのが面倒だったりやたらと重いということはあるが、何故か安心して使えるし、そんな古いものが立派に使えていることにも面白さを感じる。天気や時間帯の撮影条件で露出を決めてダイヤルまわして設定するという行為自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜日の小町通り

 風もなくあたたかな日曜日。予想はしていたが鎌倉駅まで出てくるとかなりの人通り。小町通りもごったがえしていた。これからゴールデンウィークをピークににぎやかな週末が続くことになる。昼過ぎ喫茶店「門」を窓越しに覗いてみると意外にすいていたので、奥の中庭が見える席へ。カフェオレ飲みながら読書。本は用心棒をいとなむ好漢青江又八郎の活躍を赤穂の討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニジンスキー 神の道化

 およそ120年前の1889年、パリではフランス革命100周年を迎えエッフェル塔が竣工したこの年のちょうど今ごろ(3月12日)、ニジンスキーはキエフに生まれた。踊るために生まれてきたこの天才児は決して容姿に恵まれていたわけではない。帝室舞踏学校時代はロシア人としては異質な容貌で東洋系に見えたことから「日本人」とあだ名され、プロポーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大潮

春の嵐が落ち着いて、昨夜はひさしぶりに明るい月夜だった。きっとそのこととも関係あるのだろう、今朝は大潮で浜辺の景色もいつもとはひと味違う。まだ風はひんやりとしているが、春らしい日差しの中をしばらく歩いた。適当にいい風が吹いているのでウィンドサーフィンを楽しむ人たちや海藻をとる人たちが出てきているが、この季節の材木座はのんびりしている。帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more