ライカ X1をソウルで試す

 撮りだめたフィルムを現像に出したらプリントと合わせて2万円強。デジタルに移行を決めた。ライカIIIfを残してカメラを売り払いX1を購入。バルナックと同様に軍幹部に操作系があるので距離を設定するのが少々面倒だがこれまでと同じようなスタイルで撮ることができる。購入後まともに試し撮りができなかったが、数日間ソウルに行く機会を得たので少しまとめて撮ることができた。オートの力だめしをしたかったこともあり設定はカメラまかせ。まだ使いこなせていないことを考えると結果は満足のいくものだった。

画像

これは地元。暗いところと明るいところが複雑に混在するカメラにとっては難しい条件だがキレイにまとまっている。

画像

噂どおり色はおとなしめ。

画像

明洞の喫茶店。

画像

夜景にけっこう強いのは嬉しい。ビューファインダーをつけているのでしっかりホールドして撮った。窓の中のカップルまで鮮明に写っている。

画像

焼き肉屋のSFチックな煙を吸い取る装置。

画像

ソウルは今あちこちでデザインに力を入れている。日本人の感覚からすると過剰な感じがするがそこが韓国らしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック