そしてDancing with Petty Booka(ペティ・ブーカと踊ろう!)

『BLUE LAGOON~ペティブーカの青い体験~』が完全にハマったので次のアルバム『Dancing with Petty Booka(ペティ・ブーカと踊ろう!)』を買い求める。発売順に聴くところがわれながら律儀だが、これまた名盤といっていい。この仕事はプロデュースの麻田浩のなせる技なのか。オープニングの「ビター・スウィート・サンバ」は深夜ラジオ世代には胸の奥にしまった青い時代を呼び起こさせてくれる「オールナイト・ニッポン」のテーマだが、ペティとブーカが糸井五郎っぽい語りを聴かせてくれる。曲紹介をやりはじめたらキリがないほどイカした選曲だ。「ボォラーレ」はビールのコマーシャルのジプシー・キングス版でおなじみだが、あの暑苦しさとは対照的なチャーミングな仕上がりになっている。ジェームス・ディーンの恋人だったPIER ANGELI(ピア・アンジェリ/『ITALIA』に収録)版がよかったのだがこちらも負けていない。ちなみにジプシー・キングスはスペイン語だがペティ・ブーカはもとのイタリア語で歌っている。「SHO-JO-JI」と「ウスクダラ」は50年代に活躍し昨年亡くなったアーサー・キットがヒットをとばしているおもしろい曲。演奏もノリに乗っていてかなり聴かせてくれる。トニー谷の「さいざんすマンボ」ではふたりの声質がじゅうぶんに活かされていて最高に楽しい。
ペティ・ブーカを今まで知らなかったなんて10年間損した感じだ。

イタリア (紙ジャケット仕様)
EMIミュージック・ジャパン
2004-09-29
ピア・アンジェリ
ユーザレビュー:
癒される声です。ピア ...
ジャケットにつられま ...
天使が人間になったよ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ペティ・ブーカと踊ろう!
日本クラウン
Petty Booka

ユーザレビュー:
中年以上にはたまらな ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ トート

    Excerpt: そしてDancing with Petty Booka(ペティ・ブーカと踊ろう!) KAMAKURA 戯言日誌/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-07 06:59
  • プラダ メンズ

    Excerpt: そしてDancing with Petty Booka(ペティ・ブーカと踊ろう!) KAMAKURA 戯言日誌/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-08 02:41